スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの変動金利について

住宅ローンには固定金利と変動金利がありますが、 今回は変動金利について考えてみます。


変動金利の長所は固定金利と比較して金利が低いこと。


短所は金利上昇のリスクを負わなければならないことです。


変動金利は短期プライムレートに連動して金利が変動し、 半年に1回金利の見直しがなされます。


しかし、返済額の見直しは5年に一度となります。


金利の変動分がどのように調整されるかというと 金利が上がった場合は返済額の内の利息の割合が増えて 元本部分が減ります。

金利が下がった場合は返済額の利息の割合が減って 元本の割合が増えることになります。


金利が急に上昇しても5年間は支払額が据え置きの為、 すぐには金利上昇によるデメリットを実感できませんが、 5年後にローン残高と残りの返済期間で月々の返済額が 再計算されるので金利上昇していた場合は月々の 返済額が増えてしまうことになります。


極端な話をすると この返済額の5年据え置きのせいで、 5年間ローンを払っても 急激にに金利上昇した場合、 5年後にこの未払い利息が元本に繰り入れされて 元本は全く減らずに逆に増えてしまうという ことだってありえるわけです。


しかし、5年毎の支払額の見直しの際は、 前回の支払額の1.25倍以上には上がらない取り決めとなっており、 支払額の大幅な上昇は生じない仕組みになっています。


変動金利の場合、急激な金利上昇局面では、 表面に現れてこない未払い利息について 把握しておく必要があります。


このように変動金利型の住宅ローンは低金利と引き換えに 金利上昇リスクを背負い込まなければいけなくなるので 長期間、高額ローンの場合はあまりお勧めできません。


短期間の小額ローンなら低金利の恩恵を受けることができますので 検討してみるといいかもしれませんね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
プロフィール

moneisjp

Author:moneisjp
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。