スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまとめローンの比較

お金の必要な時にたよりになるのがクレジットカードや消費者ローンです。

でも、複数の業者から借入れしている場合、 限度額の小さいカードを複数利用すると、
異なる返済日や返済額で混乱しがち。

おまとめローンでお支払いを一本化すれば、
ご返済の管理に煩わされることはありません。

また、複数の業者から小額の借入れをするよりも、
ローンを一本化したほうが金利が低くなる為、
おまとめローンに借り換えすれば、
毎月の返済金額をおさえることができます。

たとえば、複数の業者から29%100万円の借入れで、
元利均等払いの5年返済の場合、毎月の返済額は31,700円ですが、
例えば金利13%キャレントおまとめローン に借換えした場合、
月々の支払いは22,800円となります。

その差額はなんと8,900円!

返済総額でみると29%の場合は190万円ですが、
13%おまとめローンに借換えすると136万円

この場合、節約できる返済額は、

なんと54万円!にもなります。

複数の業者から小額の借入れをしている人は
おまとめローンにすることで返済額を節約できますので、
なるべく早くおまとめローンに借換えすることをお勧めします。

以下におまとめローン業者の特徴を一覧表にしました。

おまとめローンに借換えする場合、
融資を受けられる業者のなかから
できるだけ低い金利のものを選ぶとよいでしょう。

No.業者金利メリットデメリット
キャレントおまとめローン 5.8~13.0% 低金利、500万円まで、何度でも30日間無利息100万円以上
スルガ銀行リザーブドプラン 7.0~18.0% 低金利、500万円まで銀行なので審査が厳しめ
プロミス 7.9~17.8% 低金利、300万円まで、30日間無利息(~'09/9/30)
共済クレジット 9.125~18.25% 低金利、500万円まで
ノーローン 9.5~18.0% 低金利、300万円まで、1週間無利息、即日融資
アットローン 9.5~18.0% 低金利、300万円まで、5秒回答
阪急のスタッフィ 15.0~18.0% 低金利、200万円まで



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

低金利

金融危機。 日銀の白川総裁が、金融危機の背景には、04年以降に世界経済が低イン...金融危機。 日銀の白川総裁が、金融危機の背景には、04...

低金利と返済期間の長さは他社より抜群!キャッシングプラン豊富な共済クレジット

共済クレジット 共済クレジットでは1人1人のお客さまのご予定に合わせてゆとりある プランをご提案してまいります。 キャッシング・ローン...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
プロフィール

moneisjp

Author:moneisjp
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。